ハワイで求人をみつけよう!

ハワイの求人にまつわる生活事情

私は今は一般事務のOLですが、ハワイで働くなら英語と日本語が必要!
そうとなったら、英語を勉強しなきゃ!って思い立ったのです。
日本人が多いけど、日本語だけじゃ仕事になりませんよね、だってハワイはアメリカですから。

インターンシッププログラムの斡旋会社が全てやってくれるとはいい、
住居の賃貸契約や、銀行の口座開設など生活に関わることは日本語ではなくて英語ですからね。

ハワイで求人を見つけて憧れの生活するためには、やはり英語でなんですよね。

ちょっと話がそれますが、移住や留学など、長期滞在となるとまず知っておきたいのは現地の生活事情です。
ハワイの公共料金や医療費、保険料に関する情報も調べておくことは必須ですよね。
長期で滞在するとなれば、尚更です。

ハワイでは、水道光熱費があらかじめ含まれているケースが多いそうです。
ハワイの不動産屋でよく目にする“Utility included”は、光熱費が含まれていますという意味です。

光熱費ひとつだけとっても日本とはシステムが違うのですね。
こういうことも、事前に知っておく必要があるのです。
ハワイに行って、困らないためにも!!


ハワイの物価と給料

一昔前には、ハワイ旅行に出かけて、ショッピング三昧をすることがステータスと言われていたようです。
それだけ、「ハワイで買った方が安い」というイメージがあったからです。
確かにブランド物は、日本で買うよりも安く手に入ったようですが、普段、生活するようなものについては高いのが現状です。
ハワイは島で、特産品も多くありません。
ですから、必需品はアメリカ本土からの輸送(空輸・船舶輸送)がほとんどです。
その分の輸送費用が品物に上乗せされて販売しているので、生活費は必然的に高くなるのが現状です。

しかも、働いている時間は日本人よりも多く、給料も安い・・・
実は、生活するには、あまり適していないのではないかと思いますよね。

しかし、それ以上の風土があり、ハワイをこよなく愛している人々が生活しているのです。
仕事以外の時間の過ごし方。
ビーチを散歩したり、サーフィンを楽しんだり、それぞれのゆったりとした時間を大切に出来ます。
日本にいたら考えられないようなゆったりとした時間の過ごし方で、リフレッシュが出来るのです。
だから、そこで生活することこそに価値があるのです!!

物価や給料以上の魅力をハワイに感じているからこそ、その求人に魅力を感じるものなんですよね〜
日本だったら、いくらオイシイと思える求人でも、まず転職などは考えない条件かもしれませんね。
私も早くお金を貯めて、求人情報片手に就職先を探したいものですね。